三種の神器 Vol.4 「CADILLAC CTS」

CAR & BIKE - August 2017

三種の神器 Vol.4 「CADILLAC CTS」

キャデラック CTS

キャデラック CTS

745万円(税込)/キャデラック(GMジャパン・カスタマーセンター)

ニューヨークという街は、世界中から人やモノが集まる場所。よって自然と淘汰され、結果として洗練されたモノだけが残る街、でもあります。そのニューヨークに本社を置くのがキャデラック。アメリカ生まれのブランドから、世界的ブランドへと飛躍を遂げたキャデラックからチョイスしたのは、CTSというミドルレンジのモデル。

縦長のヘッドライトや大きなグリルが個性的で、直線を意識したデザインはいわゆるコワモテ顔とは異なり、どこかしら品性を感じさせる佇まい。そのアイデンティティはインテリアにも反映されており、個性はあるのに奇抜じゃないという絶妙な塩梅となっております。

そしてエンジンは2ℓ直列4気筒のターボと、これまた必要にして十分。世界のいいモノだけを見つめてきたニューヨーク流の洗練は、コンサバティブなのに埋没しない、という類い稀な個性なのかもしれません。

そんな「CADILLAC CTS」に乗るジジなら持っておきたいオススメ3アイテム!

ブリオーニのスーツ

ブリオーニのスーツ

スーツ72万2000円、シャツ参考商品、ネクタイ2万8000円、チーフ1万8000円/すべてブリオーニ(ブリオーニ ジャパン)

洗練を極めるこのクルマに乗るジジが求めるべきは派手さじゃなくってクオリティ。それを象徴するのがブリオーニのスーツです。ジジの貫禄にふさわしい迫力をもつダブルの一着は、Super170’sという極上の糸を使ったもの。世界最高峰の既製服と呼ばれる仕立ての良さは、ジジに威厳というオーラをもたらします。
オリバーピープルズのサングラス

オリバーピープルズのサングラス

[M4-SUN]3万8000円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)

ハリウッド俳優に愛された名作モデルのデザインをプロダクトに落とし込んだこちらは、ラウンドを少し崩したデザインが特徴。またやや角を立たせたレンズシェイプや飾りが施されたブリッジなど、味わいのあるディテールによって、ラウンドフレーム特有の強い個性を和らげ、キャデラックCTSが似合う、都会的で洗練された表情を演出するのに役立ちます。
ダンヒルのパイプ

ダンヒルのパイプ

[ザ・ホワイトスポット4107F]9万9000円/ダンヒル(銀座菊水)

粋なジジの嗜みとしてシガーと並ぶのがパイプ。そこでキャデラックCTSにふさわしい逸品としてチョイスしたのが、ザ・ホワイトスポットです。その理由は1910年にダンヒルのパイプが登場して以来、世界中のパイプスモーカーの憧れであり続けていることにあります。ウインザー公やチャーチル元首相をも虜にした逸品がドライビングタイムを至福の時間へと変えてくれます。
文/いとうゆうじ
写真/三浦孝明、小澤達也(静物)