貫禄を備えたジジだからこそ あえてのステーションワゴン(2)

BMW 5シリーズ・ツーリングの魅力とは?

イラスト/遠山晃司

 ペダルの操作に敏感に反応して加速し、ステアリング操作に寸分の遅れもなく向きを変える5シリーズ・ツーリングを操っていると、運転が「クルマという道具を用いたスポーツ」であると感じます。

 スポーツドライビングとはよく言ったもの。仮にこのクルマでゴルフに行けば、ゴルフ場までのドライブがウォーミングアップになりそうです。

 しかも5シリーズ・ツーリングは、後輪に車高を一定にする機能が付いたエアサスペンションが備わります。これがどういうことかというと、広い荷室にたくさん荷物を積んでも、このクルマが本来持っている操縦性を保つことができるということです。ゴルフバッグだろうがサーフボードだろうが自転車だろうがなんでも来い!

 重い荷物を積んでも、大人が4名乗っても、駆けぬける歓びには一点の曇りも生じないのです。
 それにしても、5シリーズ・ツーリングは美しいステーションワゴンです。ある程度のサイズがあることが、伸びやかでエレガントな雰囲気を醸し出しています。
変幻自在のラゲージ・レイアウト

変幻自在のラゲージ・レイアウト

多彩なレイアウトを実現したラゲージ・ルームは最大1700ℓの容量となり、仕事に趣味に大活躍。テールゲートはガラス部分だけを開けることもできて非常に便利です。

すべてはドライバーのために

すべてはドライバーのために

スイッチ類をドライバー側に向けたコクピット・レイアウトは新型5 シリーズ・ツーリングでも健在。広々としたインテリアの要所にはスポーティなディテールが盛り込まれます。

《続く》


文/サトータケシ

【問い合わせ】
BMW
BMWカスタマー・インタラクション・センター
☎0120-269-437


定期購読なら本誌が50%オフ!