ジジのトレンド〇と× 3列シート=ミニバン? いえいえ、ジジにはSUVがあります

Land Rover Discovery ランドローバー ディスカバリー

Land Rover Discovery ランドローバー ディスカバリー

70年間SUV一筋の職人芸
1948 年に生まれて70 年間、この種のクルマを職人のように作り続けてきたのがランドローバーです。実際に使うかは別にして、路面状況に合わせた幅広い設定を備え、水深センサーまで搭載しています。819万7000円~/ランドローバー(ランドローバーコール)

[ マル ]3列シートは 大型SUVで 脱ミニバン

クルマ選びで最も困るカテゴリー。それは趣味のクルマでも別荘のアシグルマでもなく、ファミリーカーかもしれません。

 例えば、ジジの娘夫婦が可愛い孫2人を連れて遊びに来たとしましょう。そしてみんなでご飯を食べにちょっとお出掛け、という話になったとします。乗員は6名。1台で行こうとしたら3列シートの7〜8人乗りが必要になりますが、そういったクルマの多くはこれまでミニバンばかりで、クルマに一家言あるジジの好みからは最も遠い位置にあるクルマでありました。

 そんな孫煩悩ジジにお勧めしたいのが、ラグジュアリーな大型SUVです。その巨体を活かして、3列目のシートを備えるモデルが最近は増えてきているんです。しかもこれが簡素な椅子などではなく、大の大人が余裕で座れるほどの快適空間。かつてエマージェンシーシートなどと呼ばれた、バスの補助椅子のような質素な3列目のイメージは、平成が終わるよりも先に過去のものとなっていたのです。

 そしてフルサイズSUVなら、ジジのこだわりも存分に発揮できることでしょう。国籍も歴史も多様な、個性あるクルマが溢れていますからね。
Mercedes-Benz GLS-class メルセデス・ベンツ GLSクラス

Mercedes-Benz GLS-class メルセデス・ベンツ GLSクラス

ラグジュアリー130年の歴史
「G クラスでは印象が硬すぎるんだよな」というジジにお勧めなのが、このGLS クラスです。メルセデス自ら「ファーストクラスSUV」と銘打つだけあって、見た目以上に乗り心地は快適です。価格1070万円~/メルセデス・ベンツ(メルセデス・コール)

Audi Q7 アウディ Q7

Audi Q7 アウディ Q7

モダンにアップデートされた2代目
VW グループ内でベントレーのベンテイガやポルシェのカイエンなどとシャシーを共有しています。先代比で300㎏もの軽量化に成功し、自慢のクアトロと合わせた走行性能が自慢です。価格804万円~/アウディ(AUDI コミュニケーションセンター)

Lexus LX レクサス LX

Lexus LX レクサス LX

日本クオリティのプレミアムSUV
トヨタの誇るランドクルーザー(200 系)が姉妹車となる、レクサス最高峰のラグジュアリーSUV。ランクルで培われてきた走破性能を備えつつ、レクサスらしい上質な仕上がりです。1115万円~/レクサス(レクサスインフォメーションデスク)

定期購読なら50%オフ!