へそまがり。こなれジジのジャケットVol.1 「異種合わせ 」

ジャケットとベストは下と同じ。シャツ2万8000円/バルバ(ストラスブルゴ)パンツ1万3000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店メンズ館)ベルト1万9000円/アンダーソンズ(エストネーション)時計320万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン)

かつてのゲンズブールのタキシードジャケットとデニム、最近ではミリタリージャケットにグレーのドレスパンツなど、異なるアイテムを合わせることに男たちは情熱を燃やしてきました。そんな流れを体感してきたジジは、「だったら俺なら」とハズしの芸を磨いてきたはずです。

そんなへそまがりジジの最新ワザが異なるテイストのベストとジャケットの合わせ。経験豊富なジジだからこそできる3種のベスト活用術は、お洒落なだけではなく、防寒にも利くこなしゆえ、ぜひ!

ジャケット6万円/フガート(シップス銀座店)

ジレ5万5000円/チンクワンタ(シップス銀座店)

ワイルドになりがちなレザーベストですが、なめらかな毛並みのスエードを使いつつ、ハンドステッチがフロントに入ったジレならテーラーメイド的雰囲気で、シックなジャケットとの一体感も生まれます。

スエードとフランネルという素材感の違いを楽しみつつ、お互いの色味をぴたりと合わせることが、こなれ感を出して洒落っ気もプラスするコツ。インナーのシャツは定番のアイテムをチョイスしたほうがベター。やり過ぎ感もなく装い方の塩梅をワカってるジジとして振る舞えるのです。