「岸田太鼓判」ラグジュアリーでジジ思いのナップサック!

編集長・岸田が「こんなの欲しい!」と切に願うアイテムを実際に作ってしまう定例企画。今回は、普段使いに重宝するナップサックをラグジュアリーにアレンジしました。大きさも素材感もジジの理想そのものですよ!

ジジが肩掛けで持っても程よい大きさです。形はスポーティですが素材感がラグジュアリーですから、品格を損ないません。ちなみに岸田は普段、肩掛けはせず上部を無造作に持って使っていますが、それでもサマになります。

ジジは荷物が少ないから、普段持ち歩くバッグは小さくていいわけだけど、クラッチは嫌だし、かといってビニールのチビ・ショルダーもね……」と語る岸田。

ジジの普段使いには、小さめのナップサックがベストだと断言します。

「この歳になると必要もないのに大きなバッグを持ち歩くのはスマートじゃないでしょ。肩に掛けるというよりはガシッと掴んで使ってて、いざという時は肩掛けしてもサマになる。そんな最小限のナップサックが理想だけど、探しても華奢でチープなものしかないんだよ。ならば作ろうと思ったわけ」

そんな岸田の思いを形にしたのは、ハイレベルな〝お直し〟で知られる心斎橋リフォーム。国内産レザーを使った唯一無二のジジ用ナップサックが完成しました。

「豚革を使ったラグジュアリー仕様というのがキモ。チープに見えないし、実際に使ってると女史から〝可愛い〟ってよく言われるんだよ」
心斎橋リフォームの職人技を駆使して、スポーティなナップサックをオールレザーで大人顔に仕上げました。ボディには国内産の良質なピッグスエード、紐にはディアスキンを使用。それでいて軽量ですから、ジジの普段使いにとにかく重宝します。裏地は柔らかなコットン仕様で便利なオープンポケットも装備。W34×H44cm。
ピッグスエードのボディにディアスキンの紐を通していますが、内側にはサテン生地を貼っているため開閉もスムーズです。使い勝手の良さを細部まで追求しています。
紐を通すハトメは、クラシック感のあるものを採用。表革で補強も施していますから、耐久性も高く長年使えます。もちろん、レザーならではの経年変化も堪能できますよ。
メインで使用しているのは国産のピッグスエード。傷の少ない良質な部分を厳選していますから、滑らかな肌触りとラグジュアリーな表情が楽しめます。しかも薄くて軽量。
裏地は肌触りのよいコットン。ジジの必需品がしっかり収納できます。開け口を目一杯開けば、厚みのある雑誌もすっぽりと入れられます。
※サンプルが出来上がった後に「内側に1つポケットがあった方が便利だね」と意見が挙がり、皆さまへお届けするアイテムには内側に同素材のコットンポケットを追加しています。
文/長谷川茂雄
写真/村本祥一
Shinsaibashi-01 心斎橋リフォーム ナップサック
¥15,120 税込み
サイズ詳細および購入時のガイドを必ずご確認ください
素材ピッグスエード、ディアスキン
サイズW34 × H44 cm
限定数100個
※ご購入前にご確認ください
【販売期間】
2017年10/24(火)から11/23(木)24時まで
【決済方法】
・クレジットカード決済
・コンビニ決済(先払い)
【送料】
・650円(税込)全国一律
【返品・交換につきまして】
GG[ジジ] - 岸田太鼓判の特注品につき、返品・交換は承っておりません。あらかじめご容赦くださいませ。
【予約販売につきまして】
当商品はGG[ジジ] - 岸田太鼓判の特注商品のため、お届けまでに少々お時間を頂いております。クレジットカード決済をご利用いただいた場合、商品のお届け前にクレジットカード会社のご請求が発生する場合がございます。
お支払方法にコンビニ決済をお選びいただいた場合は、先払いとなります。
お支払期限内にお支払いがされない場合はご注文キャンセルとなりますので、あらかじめご了承くださいませ。
お届けは2017年12月下旬ごろを予定しております。