ジジのトレンド〇と× 短丈+ダッフル=じじいの若作り! レトロ帰りの大振り&カラーが新鮮

[ ペケ ]ピタピタ短丈モードじじい

アレンジ好きが災いし、 現代版ヘビアイが……

アレンジ好きが災いし、 現代版ヘビアイが……

80 年代初頭の学生時代にヘビアイの洗礼を受け、今なおその影響から抜け出せないじじい。ダッフルコートにジポケッツパンツ、ブーツというド定番の組み合わせながら、要所要所でモードを取り入れるものだからチグハグな印象に。時代に合わせてアップデートを心がけるのは良いことですが、変えてはいけない部分も知りましょう!

寒がりジジにとって、防寒性に優れたダッフルコートは冬の頼もしい相棒。しかし、チャラついた学生じゃあるまいし、流行りのドメスティックブランドがアレンジしたショート丈のダッフルコートを着るのはいかがなものかと。

 そもそもダッフルコートは海軍や漁師など屈強な海の男が身につける防寒着として開発されたもの。分厚いメルトンのボディにダブルショルダー、トグルボタンなどはそういった過酷な環境で磨かれたディテールなのであります。トグルが麻縄か革か、あるいはバルサか牛角かという違いは好みで選べばよろしい。しかし唯一絶対に崩してはならないダッフルコートの聖域が、その丈の長さであります。ショート丈のダッフルコートなんて、イチゴのないショートケーキみたいなもの。いわば本質を置き去りにした改悪なのであります。

 とはいえ、ロング丈のダッフルコートは重たくなりがち。そのあたりの対策もジジは抜かりありません。前開きで着たり、ライトなカラーを選ぶのです。膝丈あたりの着丈のものであれば安っぽくならず、ベーシックを知るジジらしい着こなしができることでしょう。脱軽薄短小であります。

[ マル ]基本のアイテムを着こなしで アレンジするダッフルジジ

発色良好のコートで 軽やかシックにジジる

発色良好のコートで 軽やかシックにジジる

きれいなオレンジのダッフルにチェックジャケット&デニム&ローファーの、ジジにはおなじみの組み合わせ。まさに今のトレンドです。コートは右と同じ。ジャケット12万8000円/ザ・ジジ(アスティーレ ハウス) ニット2万3000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYOSHOKAI) デニム2万9000円/ ロンハーマン デニム(ロンハーマン) 靴6万8000円/ジョセフ チーニー(ブリティッシュメイド 銀座店)

定期購読なら50%オフ!