ジジのゴルフは飛ばす距離よりふたりの距離《もふもふフワフワヘッドカバー活用術》

寒〜い冬ゴルフを楽しむためのもふもふフワフワヘッドカバー活用術

 昔から、キャディバッグとクラブのヘッドカバーを疎かにしているゴルファーが多いんだよなぁ。その2つって、実はゴルフ場ではいちばん〝見られている〞アイテムなのにねぇ。

 俺は白金台の住宅街にある隠れ家的ゴルフサロン、『ニーディープ』が厳選したヘッドカバーを愛用しているんだけどね」と明言する岸田編集長。

 岸田編集長は自立式のスマートなキャディバッグをチョイス。そして、チェック柄やネイティブアメリカン柄のヘッドカバーで、愛用のクラブすべてを覆っています。

「こういうもふもふフワフワ系は、女のコが大好き。寒い冬のゴルフは、このヘッドカバーを手袋代わりにハメてあげると、とても喜ぶんだよ」

 小物ひとつにも手を抜かないジジゴルファーの手練のモテ技を、ぜひお試しくださいませ!
岸田編集長も活用しています!

岸田編集長も活用しています!

暖かい素材、色&柄のヘッドカバーをチョイスします。そのヘッドカバーを手袋代わりにして、寒がりな女子のハートをゲット!

手先が冷たくなりがちな女子をヘッドカバーで気遣う姑息さ……じゃなかった、優しさがジジの手練のモテ技!

帝王ジャック・ニクラウスも愛用したニットのヘッドカバー

帝王ジャック・ニクラウスも愛用したニットのヘッドカバー

1960年初頭にシカゴでスタートした「JanCraig(ジャン・クレイグ)」は、熟練の職人による手編みのウール100%が魅力。白金台のゴルフサロン『KneeDeep(ニーディープ)』特注のパターンは、通なゴルファーに人気です。先端のボンボンは女子ウケ抜群! 9000円〜。

外側ウール&内側フリースでかじかんだ手もぬっくぬく!

外側ウール&内側フリースでかじかんだ手もぬっくぬく!

アメリカ・オレゴン州にある「SEAMUS(シェイマス)」は、同州にあるペンドルトンから耐久性に優れたウール生地のサポートを受けています。優しく暖かみのあるネイティブ柄が、寒いフェアウェイでもほっこりとした気分にしてくれます。9700円〜。

外側は耐久性のあるウールを、内側はソフトなフリースを採用。カラフルなコンビネーションも◎です!

人気ショップ自慢のお洒落なヘッドカバー

人気ショップ自慢のお洒落なヘッドカバー

欧米の高品質&ハイセンスなゴルフグッズをセレクトする「KneeDeep(ニーディープ)」のヘッドカバー。世界のビーチや空港のネームを、印象的にプリントしているのが特長です。特に、錨とハートと十字架を合わせたマルセイユ市のシンボルマークが人気です! 6800円〜。

内側は暖かいボアになっているので、手袋代わりに最適。もちろん、クラブのヘッドも優しく守ります。




【ヘッドカバーの問い合わせ】
KneeDeep
☎︎03-5422-6421
(来店の際は電話で予約してください)

文/高成浩(POW-DER) 写真/村本祥一 イラスト/中野カンフー

ウェブ注文なら本誌が50%オフ!