ジジのジャケパンは、ジャケット以上にパンツが大事!

ジジ世代には最も親しみやすく、しっくりくるスタイルがジャケット&パンツ。パンツの選択次第で見栄えを左右するので、キモと旬をしっかり押さえておくべし!

パンツ3万2000円/ベルウィッチ(アマン)ジャケット12万8000円/ボリオリ(ボリオリ東京店)シャツ2万1000円/ディーゼル(ディーゼルジャパン)サングラス4万8000円/アイヴァン7285(アイヴァン7285トウキョウ)スカーフ2万円/アネー(ビームスハウス丸の内)シューズ10万5000円/フラテッリジャコメッティ(ラガゼッタ1987青山店)

メイド・イン・イタリーにこだわったパンツ専業ブランドベルウィッチ。テーパードされた細身シルエットと遊び心を盛り込んだディテールが特徴で、タック入りパンツブームの先駆者的存在です。クラシックなチェック柄パンツなら、デニムシャツとネイビージャケットで、ジジらしいこじゃれ感をアピールしましょう!

3万4000円/デヴォレインチピット(バインドピーアール)

適度なさじ加減のユルさが魅力のデヴォレインチピットのパンツ。古くからイタリアでパンツ制作に携わっていたDEFRA社のテーラードのノウハウとデザイナーのマルコ・レ氏の感性を詰めこんだ、2017年にスタートした新進ブランドです。

ドローコードや後ろウエスト部分をゴム仕様にするなど、フィット感をあげながらジジに快適な着用感を届けます。しっかり入ったセンタークリースや後ろポケットを高めの位置に配置するなど、すっきりとした見た目にもこだわりが見られます。