ちょいモテ・アウターVol.4「スエード」

アウターでステータスを主張する。そんな時期は、ジジはとっくに通り過ぎました。これからは、キメキメの2枚目気取りより、お茶目でかわいい2枚目半になることが、モテるジジになるための秘訣。そのために使える厳選のアウターをここでご紹介。

ブルゾン11万8000円/ヴァルスター、スカーフ1万3000円/フィオリオ(ともにユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)ジレ2万4000円/バレナ(シップス 銀座店)シャツ2万8000円/バルバ(ストラスブルゴ)パンツ4万1000円/ピーティーゼロウーノ(PT JAPAN)時計76万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

ジジだってレザーアウターを着たいんです。そのラグジュアリーさと武骨さ、そして、経年変化による味わいは、他の素材では得られませんから。寿命的にどこまで経年変化を楽しめるかはわかりませんが、墓まで持っていきたい愛用のレザーアウターを早めに手に入れておきたいもの。

ビッカビカのスムースレザーのライダースでは頑張りすぎな印象になることも否めませんし、何より素材が硬くて肩こりも悪化してしまうかも。では、ジジが墓場まで持っていくべきレザーアウターは何かと言いますと、ずばりスエードブルゾン。上品な素材感とソフトな着心地、そして適度なラフさが、ジジには最適なのです!

15万円/エディションズエムアール(ネイビー・ノート)

光沢感の強いスエード素材をボディに採用。スモーキーなグリーンカラーが、その持ち味を存分に引き出しています。さらに、形はジジにも馴染み深いオーソドックスなブルゾンタイプゆえ、着こなしに悩む必要もありません。

16万円/ポール・スチュアー ト(ポール・スチュアート 青山店)

肉感のあるソフトなスエード素材と深みのある ローデングリーンのカラーリングが好相性。長め の丈感とラペル付きのデザインのおかげで、テー ラードジャケット的に上品に着られるのもジジに はうれしいところ。

12万円/チンクワンタ(シップス 銀座店)

ワークジャケット風のデザインのブルゾンは、毛足の短いゴートレザーのスエード素材で仕上げられており、なめらかで上品な印象を醸しています。非常にソフトかつ薄手なので、コートなどの下にインナーとして着ることもできます。