「1.5ブレスト 」遊びと着こなしVol.3「カモシタ ユナイテッドアローズ」

ダブルよりもシャープな1・5ブレストとはいえ、そのままオーセンティックにタイドアップしてドレス靴と一緒に身につけてしまうと、じじい臭くなってしまいます。悠々自適のジジたちはたとえ働く身であったとしてもビジネス臭さとは無縁の存在。

いわばスーツの前を開けて着るのは、ジジ心の解放宣言なのです。さらに、ニットポロでドレープ感を強調したり、ブロードではなく洗いざらしのオックスフォードシャツを選べば、品格は落とさずに、こなれ感は増すばかり。

前開きで着ればインナーの素材のよさもさりげなく主張することができて、パートナーと食事の時もスーツの裾がヒラヒラと揺れて優雅にエスコートできるのです。既存のルールに縛られていては、隣の彼女も心を開いてくれません。まずはジジから変わらなきゃ!

ジャケット7万円、パンツ3万円/ともにカモシタユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)ポロシャツ2万5000円/スローン(スローン)スカーフ1万6000円/ピエール=ルイ・マシア(ラ ガゼッタ 1987 青山店)時計80万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)シューズ3万円/ディアドラヘリテージ(DMR.Inc.)

硬く編まれ伸縮性に富んだニット地のスーツには、同じくニットポロをコーディネイト。サイドに回り込むように配置された大振りなパッチポケット付きのジャケットにはスニーカーとポロシャツでスポーティな組み合わせを心がけることで、エリつきならではのカッチリ感はそのまま、ほどよくクダけて着こなせます。あまりフォーマルになりすぎないよう、アニマル柄のスカーフで艶っぽさもプラスしておきましょう。