円熟味あるドレススタイル《ジョン ロブの『オペラパンプス』》

美しい光沢とデザインで視線を独占 JOHN LOBB

今号のGGは「ジジ流の円熟味あるドレススタイル」をご紹介!
その中からパンプスをご紹介します。

タキシードスタイルの足元を飾るのは、当然オペラパンプス。

普段履かないからといって手を抜くことなく、ジジの流儀で華やかな足元を飾りましょう。
そんなパーティスタイルにさらに洗練さをプラスしてくれるのが『EDWARD』。

妥協を許さない高度な職人の技術で、これ以上ないほどにそぎ落とされたシンプルなデザインを作り上げています。

美しく流れるようなフォルムのラストやステッチ、ホールカットクォーター、すべてがエレガンスの極。履けるジュエリーといえましょう。

23万円

シューズ23万円/ジョン ロブ(ジョンロブ ロブ ジャパン)



本誌ではまだまだほかにも絶品のドレススタイルをご紹介しております。

文/奥山泰広(POW-DER) 写真/筒井義紹 スタイリング/四方章敬 ヘア&メイク/荒木修一

定期購読なら本誌が50%オフ!