黄昏ジジの選びのキモ! ヴィンテージラヴァーズの「フードインブルゾン」

価格5万8000円/ヴィンテージラヴァーズ

岸田…新聞社の取材用に写真探してたらこんなん出てきたぞ~。

藤田実…これ、ラ・フェスタ・ミッレミリアじゃないですか。出たことあるんですね、うらやましいなぁ。

岸田…でもな、開催は10月で山間部も走るからけっこう寒いんだよね。おっちゃん、寒いの苦手でしょ。

藤田実…だったらこのヴィンテージラヴァーズのフードインブルゾンなんてどうですか? 丈も短い薄手のナイロンジャケットだから防風性も高くて運転の邪魔にもならない。前面に大きめのポケットもあって、運転中でも葉巻、取り出せますよ。

岸田…取り出しやすいのはいいけど、ライター落ちたりしたらヤダよ。

藤田実…大丈夫です。ポケットはファスナー付きです。ついでに背中の首の付け根にはキャップリーシュも付いてます。

岸田…そういえばね、ミッレミリアに出場したとき、帽子を飛ばしてなくしちゃったんだよね。これならあの帽子、なくさないで済んだかもね。

藤田実…ラリーイベントはもちろん、普段から911タルガでカッ飛んでる編集長にはぴったりですよ。もう帽子を飛ばすことはありませんね。飛ばすのはクルマだけ。でもスピードの出し過ぎにはくれぐれもお気をつけください。先はそんなにないとはいえ、まだありますから……。
デザイナーである佐藤陽一氏が、これまで所有してきたヴィンテージカーでのレース経験を元に立ち上げたのがヴィンテージラヴァーズです。本誌でも活躍中の四方義朗氏がイメージモデルを務めるなど、ヴィンテージカーのある生活をスタイリッシュに楽しむ大人の為のブランドです。このフードインブルゾンは、機能性とファッション性が高次元で融合したドライビングジャケットの傑作。
袖口のベルトなど、要所にレザーを使うことで機能一辺倒になっていないのがヴィンテージラヴァーズの魅力です。首の付け根部分にはキャップリーシュが付属しており、古いオープンカーのドライブ時に風の巻き込みで帽子を飛ばすなんて事態も回避できます。
文/GG編集部
撮影/小澤達也

【問い合わせ】
ヴィンテージラヴァーズ
03-6432-1691