クルマジジの晴れ舞台 ファッションなくして語れません

メルセデス・ベンツG350d×リネンシャツ

都会が似合うSUVが増える中、軍用車という出自を持ち、無骨さと頑強さで軟弱SUVとは一線を画し、常に人気を誇るGクラス。

このハードスペックなクルマをジジが都会で乗るならば、あえて南イタリアの伊達男のようなスタイリングがハマります。

発色のいいリネンシャツにニットを肩掛けし、チノパンを合わせることでリラックスした中にも気品を漂わせます。

アニエッリが休日に着ていたであろう装いです。

クルマ1080万円(税込)/メルセデス・ベンツ(メルセデス・コール☎0120-190-610)
シャツ2万8000円/フリーマンズ スポーティング クラブ(フリーマンズ スポーティング クラブ 東京☎03-6805-0490)
パンツ2万3000円/ジェルマーノ(バインド ピーアール☎03-6416-0441)
ニット5万7000円/フェデッリ(トレメッツォ☎03-5464-1158)
時計37万円/ベル&ロス(オールブルー☎03-5977-7759)
ベルト3万円/シャンボール セリエ(八木通商☎03-6809-2183)

写真/平井敬冶 スタイリング/栃木雅弘 ヘア&メイク/北村達彦 文/奥山泰広(POW-DER)

GG2018年8月号より