パツパツ短パンに差をつける! 優越の〝本チャン〟グルカショーツ

ジジ世代の短パンってのもすっかり定着した昨今ですが、近頃のピタジピタ傾向は短パンにまで波及していて、皆様ちょっと気合入りすぎじゃないの? 

所詮短パン、力を抜いて。

しかし選びはこだわり満載……てな境地ではくのが一番格好よいのでは、と。

そこで今回オススメしたい短パンがグルカショーツ。

いわゆる軍モノ。
それも英国軍の官給品ですな。

その名前は旧英国領の傭兵だったネパール人兵、通称グルカ兵にちなんでいるのですが、必ずしも彼らがはいていたモノではない、というのがミソ。

2本のウエストベルトを交差してホールドする凝ったつくりと、動きやすいルーズフィットを特徴とするこのショーツは、1950〜60年代頃まで英国陸軍が採用していた野戦用のデザインで、それを70年代後半にあのバナリパが「グルカショーツ」と命名し、復刻品をファッションとして売り出したというのが真相です。

見覚えのある方も多いのでは?

近年オリジナルのグルカショーツは枯渇気味で価格も高騰傾向。

リプロ品が続々と登場してはいますが、やはり本チャンだけが持つ風格にはかないません。

小僧になんて気を使わず、ジジの余裕で買い占めちゃいますか!?
こちらはウエストの裏に縫い付けられたタグ。
サイズや製造業者、製造年といった情報の下にプリントされた矢印は「ブロードアロー」といって、英国の官給品である証!
ミリタリーウォッチなどにも使われているこのシンボルが、ジジの男心をくすぐります。

タックインが基本です! 〝本チャン〟グルカ、ジジ流着こなし

ルーズなボーダーシャツにルーズなグルカショーツを、タックインで合わせちゃう。
これ、80 年代にグルカが流行った時の定番スタイルね。
ローファーはもちろんフランス製のウエストン。
本物にこだわり尽くしたカジュアルです。
ショーツ1万8300円(リコレクト☎03-6451-0529)
T シャツ1万2800円/セント ジェームス(セント ジェームス代官山店☎03-3464-7123)
ハット4万6000円/ヴァンドリ(ヴァンドリ青山本店☎03-6418-7832)
シューズ10万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店☎03-6805-1691)

文/山下英介 写真/村本祥一 スタイリング/四方章敬

GG2018年7月号より