ジジ好適のサングラス、ベイヨネットアームってナンダ?

ここ最近、ファッション界はラクを求めるようになってきました。
例えば革靴はスニーカーのような履き心地になり、セットアップは伸縮性が高い素材でラクチンな着心地に。

それならサングラスもストレスなく着脱したいでしょ? 
その方法として、ストレートテンプルをプッシュさせてもらいます。

このディテールを聞いて、パッとパイロットグラスを思う浮かべたジジ諸氏は、かなりの眼鏡通。
もともとこの形は、米国空軍用に開発されたデザインで、アビエーターの名でも親しまれています。

特徴のストレートテンプルは、ベイヨネットアームとも呼ばれ、パイロットがヘルメット着用時でも違和感なく掛けられるようにアレンジされたもの。

過去にはアポロ11号の月面着陸でアームストロング船長が掛けていたり、映画「トップガン」で主演を務めたトム・クルーズが掛けるなど、由緒あるモデルとして認知済み。

また従来のサングラスはテンプル先が曲がっていて、ちょっと掛けずらいなんてときでも、ストレートテンプルはサッと掛けられてスッと外せます。
バイク乗りジジにもオススメです。

この良くデキな1本があれば面倒な仕草から解放。
そしてラクして粋な顔つきを披露できますぞ。

しわくちゃなジジ顔にこそ 傑作が一番良く似合います

米海軍飛行部隊に採用実績のある名門サングラスがこちらの「ランドルフ」。
ゴールドリムとブラウンレンズがクラシカルな佇まいを演出し、目元から品のよさを醸し出します。
またカーキのシャツとの相性がとてもよく、ガチガチに無骨スタイルにならないところも見逃せません。

サングラス2万5000 円/ランドルフ(ブリンク外苑前☎03-5775-7525)
ジャケット6万2000 円/バグッタ(トレメッツォ☎03-5464-1158)
T シャツ1万4000 円/イレブンティ(バインド ピーアール☎03-6416-0441)

文/宮嶋将良(POW- DER) 写真/平井敬治 スタイリング/四方章敬 ヘア&メイク/荒木修一

GG2018年7月号より