死ぬまで恋するレストラン◉MUSHROOM TOKYO(マッシュルームトーキョー)

倒れそうなほど感動! 前代未聞 〝マッシュルーム〟のフルコース

マッシュルームの専門店? ジジに誘われた女子は一瞬不思議な顔をします。しかし、前菜の生のホワイトマッシュルームを口に含んだその瞬間……うっとりとした女子の目はジジの目を見つめ……。今宵もちょっと艶やかなジジと女子の物語は始まるのでした。

最近マッシュルームカットの女性を目にしますが、我々ジジにとっては、からせた懐かしい髪型です。

しかしだからと言って

「昔はみんなビートルズに憧れてあの髪型にしてたんだよ。ファンは当時、興奮して失禁したんだぜ」

なんて話をしようとなど、いたしません。グルメな艶ジジは女子にこう言います。

「マッシュルームと言えば、生のホワイトマッシュルームって、ものすご〜く薄くスライスすると、超ふわふわで、倒れそうなぐらい美味いって知ってた?」

と。

「え〜!ふわふわ? 食べてみたい!」

 そう、巷の女子は、「マッシュルームカット」よりも、マッシュルームの「カットの仕方」「食べ方」に食いつくのです。

 2人がやって来たのは表参道。「キデイランド」の脇を入った路地裏、ビニールシートで覆われたカジュアルな外観、その名も「マッシュルームトーキョー」……。

今、グルメな女子たちに注目されている、マッシュルーム専門レストランです。
 カウンターに座るとジジはメニューを見せながら言います。

「見て、前菜からメイン、デザートに至るまで、総ての料理にマッシュルームってスゴイでしょ? パスタなんて麺にマッシュを練り込んでるからね」

「え〜!すごい!食べてみたい!」

 ソービニヨンブランの白ワインで乾杯したら、最初からいきなりトップギアな、白く輝くマッシュルーム料理が山盛りで登場。そう、この店の目玉でもある前菜、生のホワイトマッシュ(ひらひらマッシュルーム)。

「数あるキノコ類の中で、生で食べられるのってマッシュルームだけらしいよ。まずはそのまま食べてみて」。

口に運んだ女子は目を丸くし、笑みを浮かべながら、

「何これ〜! 超〜ふわふわ! めちゃくちゃイイ薫りで美味しい〜」

「でしょ? 日本一マッシュに詳しいオーナーが厳選したマッシュルームなのね。質のいい、まだ若いホワイトの生を超薄〜くスライスしたからこその、この食感と美味さ。次、ちょっとオリーブオイルと塩つけてみて」

「うわぁ!ヤバイ、今日ダメかも……、美味すぎる」

どのマッシュルームも新鮮なこだわりの国産品。名物GIGA マッシュルームの大きさは左のジャンボと比較してもびっくり(3900 円※要予約)。〆は本日の気まぐれマッシュルームピザ(1320 円)かMUSHROOMTOKYO のTKG(卵かけごはん)(1080 円)で決まり!(※すべて税込)

もはや、あのトリュフを超えるのではという何ともエロティックな薫りと旨みに、女子は早くも壊れかけます。

 マッシュの肉巻きやアヒージョなど少しずつつまんでいき、メイン料理としてぜひ食べたいのがジャンボマッシュルーム。ジジがニヤけて話す

「マッシュルームのヒダって幼い時は白くて、成長とともにピンクになって(笑)、さらに黒くなって……」

という蘊蓄に、一瞬女子が下ネタ?という顔をしますが、ジジはすかさずワインを白から赤に変え、

「色が濃くなって熟成すると、味も美味しくなるんだって。ワインと同じだね」

の一言で場を和ませるのです。

 溝に溜まったマッシュのジュースを仲良く分け合ってズズッとすすったら、ステーキを切るようにナイフを入れ口に運んであげると女子は言うでしょう。

「うわ〜、お肉みたい!」

 肉厚ジャンボマッシュならではの歯がむっくり入っていく不思議な感覚です。
 さらに2人は〆に迷う楽しさを味わいます。

「パスタか、ピザか、卵かけごはんもいいよ!」

 マッシュルームという1つの素材が、あらゆる角度から、美味しさとともに心を震わせてくれるマッシュルームのフルコース。

かつてビートルズファンが失禁したような衝撃の美味さに、名曲「ヘルプ!」と叫ばんばかり。すかさずジジは言います、「ラブ・ミー・ドゥ」と。

 こうして艶ジジは今夜も、妖艶なる薫りを味方に「レット・イット・ビー」に突き進むのでした。


文/すずきB
放送作家。1970年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中、講談社『HotDogPRESS』のライターをする傍ら、テレビ朝日「さんまのナンでもダービー」で放送作家デビュー。「秘密のケンミンS HO W」「ぷっすま」「ペコジャニ∞」など多くのバラエティ番組を構成。食べ歩きが趣味でブログに綴る他、恋愛と結婚を独自の浮気論で綴った『浮気とは「午前4時の赤信号」である。』(ワニブックス)も話題。
http://suzukib.net/


MUSHROOM TOKYO
(マッシュルームトーキョー)
東京都渋谷区神宮前6-2-4 
☎03-6450-5877 
ランチ:火~金11:30~
15:00(LO14:30) 
土~日・祝11:30~15:30(LO15:00)
ディナー:17:30~23:00(LO22:30)
毎週月曜(月曜が祝日の場合は火曜)
http://mushroomtokyo.jp/
 写真/工藤裕之

定期購読なら50%オフ!