死ぬまで恋するレストラン◉港区六本木「ILBrio(イルブリオ)」

女子がお姫様気分になれる、夢の〝ワゴン〟イタリアン



 英国の劇作家シェイクスピアは言いました。「ものを言わぬ宝石のほうが、どんな人間の言葉よりも、とかく女心を動かすものである」

 確かにバブルの頃、高価なジュエリーや鞄で女子を釣ろうとするのが我々の定石でした。
しかし今、妻に財布の紐をにぎられ、クレジットカードの明細までチェックされながら、それでも新たな女子を口説きたいと願う我々のような艶ジジは、高価なモノで女子を釣ることなどいたしません、いや出来ません(笑)。

 宝石や鞄ほど高くない出費で、確実に女子の心を掴める、つまりハイリターンな口説きの裏技、それを2018年最初のこの連載でお届けいたしましょう。

 やって来たのは、六本木ヒルズのウェストウォーク5F。他店よりも一際キラキラした白いエントランスが、二人を迎えてくれます。

 その名は「イルブリオ」——。かの飯倉「キャンティ」や「アッピア」の流れを汲む、食通たちからも一目置かれるイタリアンです。空気の澄んだ冬の夜、店内に入ると窓の向こうに広がる美しい夜景に女子は早速目を奪われます。

「スゴーイ! 東京タワーだ〜!」

 広々としたフロアの奥に通され、座った特等席。

「東京タワーってのは、これぐらいの高さから、やや見上げる感じが一番キレイって知ってた?」
「知らなかった。確かに〜!」

 キリリと冷えたシャンパンと夜景で気分が高まると、奥の方から、何やらガラガラと大きなワゴンがやって来ました。

「わ、わ、何、何?」

 あらゆる前菜や食材の数々……。

「え〜! スゴ〜い」
「でしょ? ココから好きな食材を選んで、好きな料理にしてもらうのがこの店のスタイルなの」
「キャ〜、贅沢!!」

「ありがとうございます。では本日の前菜からですね……」
 店員さんが、説明を始めます。

「こちら、北海道は厚岸産のカキですが、勿論そのままでもいいですが、カークパトリックというグラタンのようなお料理や、カキフライなどにも出来ます。続いて、新鮮なコウイカは……」

 日本中の美味しい食材全てを集めてここに用意したかのような贅沢感の中、食べたいものを何種類でも、どんな料理にもしてくれることを知った女子は言います。

「え〜、夢みたい!」

「ここのコンセプトは、〝お気に召すまま〞なんだって。シェイクスピアのタイトルみたいでしょ?」「シェイクスピアとか、わかんないけど、超お姫様気分(笑)」

「カキフライ1個から頼めるから」

 前菜に選んだのは、カキとローストビーフ。これらをそれぞれ2種類の料理にし、さらにイカ&トマト、ウニ&キャビアで、冷製カッペリーニ(パスタ)2皿にしてもらい、超わがまま前菜に。料理を口にし、美味くて泣きそうな女子に、ジジは言います。

「その美味しさ噛み締めながら、こっち見てて!」と。
「……。(もぐもぐもぐ)」

 そう、鳥の雛には、自分に餌付けしてくれた動物をずっと親だと信じて疑わない「刷り込み」という習性がありますが、女子も同じ。
〝鳥のお雛様〞ならぬ〝お姫様〞気分にさせてあげながら、美味しい料理で餌付けすると、相乗効果で落ちる〝恋の刷り込み作業〞を女子にしていたのです。

 最後は女子が喜ぶスイーツが20種類ほどワゴンに載って登場!

「え〜!全部食べたいんですけど」

「おいおい、この後、俺を食べるお腹は残しておいてよ」
なんてオヤジギャグを放つかどうかはおいといて、今宵も艶ジジは、来たる〝真夏の夜の夢〞を見ながら、〝お気に召すまま〞作戦で、眠れる〝森ビル〞の美女を口説き、恋の喜劇を紡ぎ出すのでした。



文/すずきB
放送作家。1970年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中、講談社『HotDogPRESS』のライターをする傍ら、テレビ朝日「さんまのナンでもダービー」で放送作家デビュー。「秘密のケンミンS HO W」「ぷっすま」「ペコジャニ∞」など多くのバラエティ番組を構成。食べ歩きが趣味でブログに綴る他、恋愛と結婚を独自の浮気論で綴った『浮気とは「午前4時の赤信号」である。』(ワニブックス)も話題。
http://suzukib.net/


ここでは前菜からデザートまで、すべてがワゴンサービスで供されます。それぞれ趣向を凝らした料理ばかり。目移りして、あれもこれもチョイスしてしまいそうですが、前菜を食べ過ぎるとデザートまで辿り着けないので要注意! デザートでの裏技は、彼女やお二人の記念日ならば予約のときに伝えておくと飴細工で飾ったケーキやプレートをサプライズで出してくれます! 前菜700円〜、パスタ1400円〜、メイン3200円〜、デザート400円〜、各々1品の値段です。



ILBrio(イルブリオ)
東京都港区六本木6-10-1 
六本木ヒルズ・ウェストウォーク5F
☎︎0800-8007447
ランチ:月〜金11:00〜14:00LO/土・日・祝日11:00〜14:30LO
ティー:月〜金14:30〜16:00LO/土・日・祝日15:00〜16:00LO
ディナー:日〜木・祝日17:30〜23:00(L.O.)/金・土・祝前日17:30〜25:00(L.O.)
www.ilbrio.jp


写真/工藤裕之

定期購読なら本誌が50%オフ!