美食ジジが太鼓判!極上全国お取り寄せ《井上真珠 あこや貝 貝柱 粕漬け》

伊勢のお宝!〝発酵食〟真珠を育む希少な貝柱を秘伝製法で粕漬けに

井上真珠 あこや貝 貝柱 粕漬け 120g入り5400円(税込・送料別)

井上真珠 あこや貝 貝柱 粕漬け 120g入り5400円(税込・送料別)

世にお取り寄せの逸品は数あれど、煮込んだり、焼いたりする手間はノーサンキュー!
うまいもんは届いたらすぐに喰えなきゃ意味がない。
ジジッた男たちが舌を巻く、調理不要の〝美味佳肴〟をご賞味あれ。

日本の食文化を語るうえでなくてはならない発酵食。
中でも、日本酒を造る工程でできる酒粕は、さまざまな美容と健康効果を期待。いまや発酵調味料としても注目されています。

この酒粕の凝縮したうま味を存分に生かした貝柱の珍味をみつけてきました!

 特筆すべきは、まずは生産者です。日本酒の蔵元でもなく、貝の養殖業者でもない。
伊勢志摩の地で、「兵九郎(ひょうくろう)」の屋号を持ち真珠養殖が生業というところに新鮮な驚きがあります。

真珠貝とも呼ばれる、真珠を育む”あこや貝”の貝柱に着目した先代が、手作りの粕漬けで漬け込んだのがあこや貝の貝柱 粕漬けのはじまりでした。

「粕漬けの配合や作り方は、兵九郎家の嫁だけが知る秘伝です」

と現三代目の嫁、井上寿美さん。
「あこや貝は、真珠を育む母貝です。真珠を取り出す際に、1つの貝に貝柱はたった1粒だけ。いまでは大変貴重なものです。秘伝の粕漬けで半年以上寝かし、手間暇かけて作っています」  
 
それぞれの素材にもこだわりがあり、伊勢志摩サミットの乾杯酒にも選ばれた『純米大吟醸 半蔵 神の穂』の日本酒。塩も尾鷲産を厳選して使用しているとか。
 
貝柱というと、なかなかメインになりづらい食材と思われがちですが、そこは真珠と共に育つ貝柱は別格といえます。見た目もぷっくりとした勾玉形で、いかにも縁起がよさそうです。

真珠養殖を営む『兵九郎家』の嫁だけに代々伝わる秘伝の粕漬けは、保存料・着色料は一切不使用。昔ながらの手作りにこだわる。

地元伊勢焼の小さな壺と、食器加工を施したあこや貝の貝殻付(右)。今回、初蔵出しの木箱入りは、1 万円(税別)で発売中!

食べ方の指南としては、まずは舌にのせて香りを楽しみながら、味わってほしいものです。

優しい甘みと熟成された酒粕のうま味が口中に広がり、貝柱をゆっくりと噛みしめれば、コリッとした小気味良い歯ごたえに誰もがうっとりするはず!

「日本酒はもちろん合いますが、同じく発酵酒の白ワインもオススメです。肴だけではなく、炊き立てのご飯のお供にも最高。もし、酒粕だけが残ってしまったら、ネギやニラを生のまま刻み、わさびを少量加えて和えればわさび風味も楽しめますよ」

風光明媚な伊勢志摩地方の英虞湾に抱かれて育まれるあこや貝。
真珠を作る時に使用する希少な貝は、波穏やかなリアス式海岸で揺りかごに抱かれるように静かに時を重ねている。右の画像は、真珠を抱くあこや貝。真珠の横には、勾玉形の貝柱が寄り添う。

【お問い合わせ】
兵九郎粕漬け 井上真珠
三重県志摩市阿児町立神1780-1
☎ 0599-45-2608
http://www.inoue-pearl.com/
※オンラインショップで購入可
文・スタイリング/川越晃子 写真/八巻典千代