300組のカップルが成立!? 縁結びの激セマ焼肉店とは?

JR神田駅東口から徒歩1分のガード下に、やたら〝出会いが生まれる〟と評判の立ち食いスタイルの焼肉屋さんがあります。僅か2坪の狭小空間に肉と出会いを求め、今宵もジジは単身乗り込むのでした。
店員:「いらっしゃいませ!」

客:「一人ですけど......」

店員:「はい、じゃ、こちらへどうぞ」

客7人のうち4人が女性。ここは不思議と女性客が多いのです。新規のお客が来ると、慣れてないと恥ずかしいのですが、その最初の乾杯を、店主の音頭でお客全員でしてくれるのです。これがあることで場の一体感も生まれ、隣で飲んでる初対面の女性客とも会話しやすくなるのですね。

「あ、こっち側、借りますね」

「はい、どうぞ」

肉を焼く七輪を、見知らぬ客同士、共有します。僕の隣はアラサーのOLさん2人組。

「これ、僕の肉でした?」

「はい。あ、でもこれ、もし良かったらどうぞ」

「じゃ、僕のもどうぞ」

と、焼けた肉を交換しあうのも、この店ではよくある光景。お店自慢の純米吟醸は、ポン酢ダレでいただく極上肉と相性が良く、自然と酒も進み、知らぬ間に初対面の男女が打ち解けていきます。
まるでそれは、夏のバーベキューのあの感じを思い出させます。いつの世も、肉をつつきあえば心が開き、立ち飲みは酔いやすい......。こうして会話が盛り上がるのは、滴るマルチョウの脂で上がる火を見るより明らか。

ここのオーナー森田氏は最近注目されている焼き肉業界の異端児であり、肉の天才。なので、出てくる肉はどれも極上で、特にハラミは脳天を直撃する美味さ。しかしながら一皿500円なので、女子も一人で気軽に立ち寄れる敷居の低さが素晴らしいのです。

さて、会話の途中、さりげなく女子に「ちなみに、辛いものとか、お好き?」と聞いておきましょう。この店、都合のいいことに、ご飯や麺などの〆がありません。「近くにめっちゃ美味しくて辛いラーメン屋があるんだけど、この後、〆にどう?」
ここで仲良くなった男女に、店主と客は実に寛容。過去に300組以上のカップルと30組以上の夫婦が生まれたというのも納得です。中年男1人に女子2人は1対1よりも2対2よりも盛り上がり、これを我々〝艶ジジ〟界では「3P飲み」と呼んでいます(笑)。

飲んで食べて1人わずか数千円のお会計を終えると、女子2名を連れ、徒歩3分。辛くてめちゃくちゃ美味い味噌ラーメン「鬼金棒」でさらに盛り上がります。なぜなら「辛さ」は女子の子宮を刺激する味覚。我々〝艶ジジ〞の恋は死ぬまで終らないのでした。
文/すずきB
写真/八巻典千代

【問い合わせ】
六花界
東京都千代田区鍛冶町2-13-24
03-3252-8644
営業時間:17:30~23:30 LO
定休日:日、祝
予算2000円〜
カード不可/完全禁煙