若造のテキーラと一線を画すジジのプレミアム

Jute コディゴ1530

オーク樽で3年以上熟成させた最上級テキーラ〝ExtraAnejo〟。ブランデーグラスやウイスキーグラスに注いで、チェイサーとともにゆっくり味わうのがジジ流。3万円※参考価格/コディゴ(ジュート)

 あらゆるお酒を味わい、その愉しみ方を知るジジですが、どうもテキーラは若造がショットグラスでぐいっと飲み干すイメージがありますゆえ、抵抗があるという御仁も少なくないのでは?

 とはいえ、それがすべてではありません。主原料となるブルーアガベのみを使用したプレミアム・テキーラは、世界的にも著名人やセレブリティを中心に浸透しつつあるんですよ。

 なかでも、2015年にメキシコ中部のハリスコ州アマティタンで設立された「コディゴ」は、長年にわたり培われた経験とレシピを元にテキーラを展開する注目ブランドの一つ。日本でも買いやすく、テキーラ通のジジの間でも密かな盛り上がりを見せています。

 竜舌蘭(ブルーアガベ)を育てるのに理想的な土壌と水質の備わった地で、75㎘という小さな発酵タンクを使用した製法を貫く同ブランド。甘みがあって口当たりがよく、芳醇な香りを放つ〝名作〟を日々生み出しています。ジジがこよなく愛する葉巻と好相性の銘柄も少なくありません。

 1日の終わりにコニャックやマールと葉巻を味わうのもいいですが、純度の高いテキーラも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

熟成期間によって味わいは変わります。葉巻に合う銘柄を探すのもまた楽しいですよ。(左から)Rosa 9800円、Reposado 9800円、Anejo 16000円、Blanco 7500円※すべて参考価格/コディゴ(ジュート)


【問い合わせ】

ジュート
☎︎03-5429-1825



文/長谷川茂雄 写真/小澤達也

定期購読なら本誌が50%オフ!