“物忘れ”の増えたジジが、今のうちにやるべきことは?その1

早めの手当てで、くい止めろっ!

近頃めっきり増えた〝もの忘れ〟。でも、「大したことじゃない」と放置すると厄介なことになっちゃうかも!?  そうなる前に、まずはメンテナンスを!

近頃めっきり増えた〝もの忘れ〟。でも、「大したことじゃない」と放置すると厄介なことになっちゃうかも!?  そうなる前に、まずはメンテナンスを!

「あのカワイ子ちゃん、名前なんていったっけ?」「いかん、デートがダブルブッキング!」なんて〝うっかり〞が増えてはいないだろうか。

よく知っているはずの人の名前や固有名詞が咄嗟に出てこない、さらに、同じ話を何度もしているらしく、「その話、耳にタコ〜」とガールズに疎まれたり、会話中にも「ほらアレだよ、アレ!」ってな〝もの忘れ〞が増えると、少しばかり心配になりますよね。「ボケたか、俺?」と。

おおかたは、加齢による〝もの忘れ〞で、心配はないらしい。ただし、認知症は突然発症するわけではなく、実はその15年ほど前から密かに進行していた可能性が否めない。

それが、MCI(軽度認知障害)と呼ばれる時期。多少のもの忘れがあっても、日常生活には支障がない程度の機能低下のため、放っておかれるケースが殆どなのです。

ところが、この時期に早めに手当てすれば、将来認知症の発症を大きく遅らせることも可能であることもわかってきた! ならば、早めに手を打っておくに越したことはない。「いざ、〝もの忘れ外来〟 へ〜!」なのであります。

今どきのジジは脳ミソもシャープに保たないとね!

〝もの忘れ〟に効く !?  どう効く !?「ブレインフーズ」のススメ!

〝もの忘れ〟改善薬 「オンジ(遠志)」をご存じ?

古から伝わる漢方薬の一種だが、厚生労働省が効果・効能を認めたことから各製薬会社が一斉に商品化に乗り出し、一躍ブームに!
ただし、あくまでも〝もの忘れ〟改善薬で、「認知症の予防や改善に働くものではない」との注意喚起がされていることも頭に入れておきたい。
ワスノン

ワスノン

オンジを濃縮したオンジエキスEX を配合。小粒の錠剤タイプでのみやす
い。42 錠入り1000 円、168 錠入り3700 円/小林製薬

アレデル顆粒

アレデル顆粒

素早く溶ける顆粒タイプ。スティック状のパッケージなので、携帯してもか
さばらずに便利。42 包入り1900 円/クラシエ

メモリーケア

メモリーケア

生薬成分を壊さず瞬間的に濃縮する「瞬間薄膜濃縮法」で、高品質エキスを錠剤化。パウチ入り。90 錠入り2400 円/大正製薬

〝もの忘れ外来〞で、まず指導されるのが食習慣の改善。栄養学にも詳しいブレインケアクリニックの今野ドクターは、

「血糖値の変動が著しくならないよう、1日3食を規則正しく食べるのが基本。GG世代の方は、麺類、寿司、丼物など、簡単に済ませられる炭水化物メインの食事を好み、ビタミン類や食物繊維が不足しがち。50歳を過ぎたら、高たんぱく質・低糖質を心がけましょう」

と指摘。耳がイタイ……。
 
そして、やはりオススメは肉よりも魚。「サバやイワシなどの青背の魚に多く含まれるDHAやEPAは、血液をサラサラにして脳の血流を維持するのに役立ちます」とのこと。

魚が苦手なら、えごま油やアマニ油を積極的に摂取を。これらに含まれるオメガ3系の脂肪酸は、体内でDHAやEPAに変化して同様の働きをする。
クセがないので、お浸しやサラダにかけるのはもちろん、味噌汁に入れるなどすると手軽に摂れる。
ただし、高温になると成分が変質するので、炒め物や揚げ物には向かないのでご注意を。

認知症予防に役立つとして、最近注目されているのがクルクミンという成分。
ターメリック(ウコン)に含まれるポリフェノールの一種で、抗酸化作用が強いことから脳の老化も防ぐことが期待される。

素早く脳のエネルギーとなる中鎖脂肪酸の多いココナッツオイルと組み合わせたタイ風カレーなどは、ビタミン豊富な野菜もたくさん摂れる最強メニュー! ただし、白飯は控えて。

ポリフェノールは赤ワインや緑茶にも多く含まれるが、「アルコールの飲み過ぎは厳禁! 摂り過ぎの心配のない緑茶のカテキンは優秀な成分ですが、カフェインも含むので、就寝前はぬるめの湯で抽出を」と、今野ドクターからのアドバイス。

もちろん、基本はバランスのとれた食事。納豆や糠漬け、味噌汁といった発酵食品たっぷりの昔ながらの和食は、脳だけでなく健康維持にも大いに貢献。
また、卵も今野ドクターのオススメ!「優秀なたんぱく源であり、コレステロールはホルモンの材料に、レシチン・コリンは脳の神経伝達物質の生成に不可欠」なのだそう。

昔ながら、といえば漢方薬に含まれる生薬も見直されている。市販薬も多く出回るようになったの、活用してみては?