いつまでもあると思うな元気と命 口からポロリ……。ジジむせに決別を

お口の”引き締まり”は人生の“引き締まり”

最近、食事の時に食べ物が口から飛ぶようになった。あるいは食べ最物がすぐ気管に入ってしまってよくむせる。そんな症状を自覚しているジジ、意外に多いのではないでしょうか。
「主な原因は、唾液腺が詰まって分泌しにくくなっていることと、口の周り+舌の筋肉が衰えてきていることなんです」

 そう語るのは、口腔ケアの観点から健康法を指導してくださる富田先生。ジジのほぼ全員が唾液腺詰まりをおこしちゃっているはずだというから、緊急事態じゃないですか?

「食べるという行為は、食べ物を歯でしっかり噛み砕き(咀嚼)舌で形を整え、程よい塊にして飲み込む(嚥下)ということなんですね。唾液の量が少なければパサついてうまくまとまらないですし、舌の筋肉が衰えてくれば、飲み込み力が弱くなる。また、年齢とともに気管と食堂の分岐点にある喉頭蓋という喉の蓋の機能も低下してきますから、食塊が誤って気管に入り(誤嚥)肺炎を起こす危険もある。唾液には、口中を殺菌する役割もありますから、唾液量が少なくなると、お口の中の免疫機能が低下し、口腔内細菌よる疾患に感染する」

 最近、ちょっと滑舌が悪くなったかな? と自覚するジジも含めて、本気で耳を傾けてください、肺炎は、死因に繋がります。「機能が衰えてくるのは仕方のないことですが、舌は筋肉なので、鍛えれば、何歳からでもある程度の回復が見込めます。唾液腺もマッサージでつまりをほぐすことが可能なので、これはぜひ、習慣にしていただきたいですね」また、唾液不足の問題は、こまめに水分を補給することでも解消できるのだとか。
「できれば、1日に1200㎖の水分を補給するのが望ましいですね。喉の渇きを自覚した時には、すでに枯渇状態になっているということ。身体の緊急信号が、〝のどの渇き〟という症状になって訴えているんです。喉が渇いた状態で出る唾液は、水分を保持しようとするために通常より粘りが強く、この状態が続くと歯周病なるリスクが高まり、また口臭も強くなります。水分は、早めの補給で、できれば常温で摂るといいですね。サラサラの唾液は、菌を洗い流す効果も高くなるんですよ」

 歯周病の疑いあり、のジジは、ネバネバ唾液を出していると、菌を繁殖させ、クサいジジィになりかねないことも頭の隅っこに入れといて。
「口の周りの筋トレを習慣にしていると、顔の下半分が若返ってくるんです。筋肉を鍛えると、食
べ方がキレイになるばかりでなく、顔も若返ってくる」。

 口の引き締まりは人生の引き締まり? 口周りを鍛えれば、口からポロリがなくなるだけでなく、モテジジ度まで上がってくる? 食べ方がキレイになったら、自信だって湧いてくる! やるっきゃないでしょ。
ミライズ矯正歯科 
南青山
〒107-0062 東京都港区南青山6丁目13-5
03-5468-5585
http://mirise-ortho.com/

原因解明1 口腔周囲筋機能の老化と 改善策

[ 口腔筋解説図 ]

[ 口腔筋解説図 ]

舌は、筋肉でできている器官です。咀嚼、嚥下、発声に関して大きな働きをしますが、咀嚼の時には唾液を分泌するのを助け、食べ物に消化液を混ぜ合わせ飲み込みやすい形=食塊にするという重要な役割を担っています。食べ物を飲み込む際には、この、舌の筋肉が潤滑に動いていることが必要なのですが、年齢と共に、衰えやすくなっているのが舌根と呼ばれる奥の部分。この部分を上手く使えないとむせる、という状態がおこりやすくなります。舌先、舌根がなめらかに動いているかを意識するように。

口腔周囲筋チェック!

口腔周囲筋チェック!

舌の筋肉を上手に使えているかどうかをチェックするために、以下の筋力アップエクササイズをやってみましょう。用意するのは、自分の口がよく見えるサイズの鏡。舌の形がどうなっているかが重要なので、必ず鏡で写しながらやってみること!

口輪筋トレーニング

口輪筋トレーニング

口の周りにある口輪筋のゆるみも食べ物をポロリしてしまう一因です。この筋肉を鍛えるには、お口ぶくぶく運動を。上唇の周りの筋肉は意外と使わないものなので、このトレーニングで見違えることも。歯磨き時のうがいはもちろん、日中でも習慣に!

原因解明2 唾液量の減少と 改善策

唾液は、口の中を潤して食べ物を飲み込んだり、発声の潤滑油になったり、あるいは口の中の清浄機能があったりと、潤沢に出ていればいいことだらけのありがたい液体です。唾液の分泌を促して、潤いジジを目指しましょう。ちなみに、全部で3つ。
耳下腺・顎下腺・舌下線。唾液腺を制するものは、人生を制す? 詰まっているほど痛みを感じますが、この痛みを解消するほどに、つまりがなくなっているというバロメーターに。
唾液腺刺激 マッサージ法 1

唾液腺刺激 マッサージ法 1

唾液腺は筋肉に囲まれていて、これらの筋力低下は唾液分泌の低
下につながる。また、年齢とともに唾液腺が萎縮するとも言われ
ている。ジジ世代のほとんどが、ドライマウスとか。唾液腺をマッ
サージしてみると、その周囲にある筋肉のコリも解消され、表情
が若返る、という嬉しいオマケつき。

唾液腺刺激 マッサージ法 2

唾液腺刺激 マッサージ法 2

舌を上にあげたり、梅干しをイメージしたりした時に、ジワっと出て来るのがこの唾液腺。刺激するようにマッサージしてあげると、出方がスムースに。唾液腺のマッサージは、右の舌下線部分とセットで、こまめにやる習慣を。

文/小野綾子 イラスト/小澤 怜

定期購読なら50%オフ!