GGのあるある川柳 「キ メ 服 は 昔 ダ ブ ル で 今 、和 服」

終わりなき見栄の張り合いにお疲れなら……

大学出てから早三十数年、貴殿はずーっとスーツを着続けてこられたのではないでしょうか。

ということは、さぞかしスーツの良し悪しには一家言お持ちなことでありましょう。毎年入社してくる新人にスーツの着こなしについて説教を繰り返し、

「社会人の着こなしには大事な3 つのキモがある」

なんてこと言ってうざがられている姿が目に見えます。それもこれもスーツを取り巻く状況が苛烈だからに他なりません。

最近は私服で働く会社が増えているものの、従来型サラリーマンの多くがスーツで仕事しているのが実態。それだけ差別化も苛烈。こちらが高級スーツを誂えれば、あちらはより高価なスーツを投入。

一昔前の軍拡競争じゃあるまいし、終わりなき見栄の張り合いに勝者はいません。そんな無益な状況に疲れた貴殿は、広大なフロンティアが目の前に広がっていることにお気づきになりませんか。
そう、それが和服なのです。

 そんなもの着たこともない、とおっしゃる方が多いことでしょうが、それでも心配ご無用。これまではダブルのビスポークがお似合いでしたが、ジジになったら、自然と和服も似合うようになっているものです。

別に特別な稽古なんていりません。着方にコツはあれど、ジジであるなら当たり前に似合うものなのです。そして貴殿になじみがないように、周囲も和服になじみがありません。
ということは、何が高級で高価なのかも不明。

紬とポリ混の違いなんて、色目が同じだったらフツーの人には分かりません。つまりスーツのようなお値段バトルが起こりにくいので、とりあえずの入門はお手頃価格でOK と、いいことずくめ。ぜひ生活に和服を取り入れてみてくださいまし。

あー、でも迂闊に白いリムジンから降りたりしますと周囲の人がさーっと引く(実話)なんてこともございますのでご注意あれ。

GG のあるある川柳募集中!(ババ川柳も募集中!)

「GG」編集部では、GG のあるある川柳を大募集いたします。
優秀な作品はイラストとともにご紹介いたします。奮ってのご応募をお待ちしております。
採用者には次回開催予定の「GG 友の会」へのご招待に加え、GG ノベルティブレスレットをプレゼント。応募はメールかハガキにて。

メール:info@ggmediainc.com 
宛先:〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町2-7-15-4F GG 編集部「GG 川柳係」まで。
文/鞆田聖一 イラスト/遠山晃司