今も昔も憧れる「ギブソン レスポール」

ジジと同年代に生まれたエレキギターの中にはヴィンテージとして非常に高い価値を持ったモデルがあります。
その代表格と言えるのが、ギブソンが1959年に製造したレスポール スタンダードです。

現在では希少となったホンジュラスマホガニーを贅沢に使うなど、採算度外視で作られた当時のモデルは、今や再現不可能。

その上、長い時に磨かれて角の取れた唯一無二のサウンドを奏でるのです。
そのため、超一流のギタリストたちにとっても手に入れるのが夢という代物。

その価値は並外れており、状態のよいものだと家一軒が買えてしまうほどなのです。
しかし、このギターと同じだけ歳を重ね、ギターと同じく時に磨かれてきたジジならば、所有する資格があるはず。

ヴィンテージギターは価値が上がることはあれど、下がることはまずありません。
自分で存分に楽しんだ後は、子や孫へと大切に受け継いでいくのもいいのでは?

Gibson 1959 Les Paul Standard(ギブソン 1959 レスポール スタンダード)

極上のサウンドを奏でるだけでなく、製造本数が非常に少なかったことも希少価値を高めている要因。
現在では入手困難なホンジュラスマホガニーをネックとボディバックに使い、美しい木目のメイプルをトップに採用しています。
サンバーストと呼ばれるグラデーションがかかった塗装が経年変化によりひび割れ、退色し、味わいを深めているのも魅力です。

ココで買える!

TC楽器
日本最大級の中古楽器専門店。リーズナブルな国産ヴィンテージから、博物館クラスの超希少なモデルまで幅広く用意。
ストックが膨大なので、同い年のエレキギターにきっと出会えるはず。
豊富な知識を持ったスタッフがいるので安心。

東京都新宿区百人町1-11-23 ☎03-5386-4560 
11時〜20時 水曜日

文/高須賀 哲 写真/村本祥一

GG2018年7月号より