GGの手習い「ピア・ジジ」のススメ!

宴もたけなわ……店内の照明が落ちると、パーティの喧噪のトーンも下がり、会場にピアノの調べが……!!

ジジパがピアノリサイタルへ変わり、編集長・岸田を始めとする、ピア・ジジの腕前が披露されました!
内田仁さん
「内田君、ピア・ジジはモテるぞ」という岸田さんの一言で美人先生の下、ピアノを始めて18 ヶ月の小口投資家。
インターリテラシー代表取締役 杉山大輔氏さん
「私の哲学」編集長。『行動する勇気』(フォレスト出版)などの書籍の著者でも活躍中。
築地玉寿司 四代目 代表取締役 中野里陽平さん
「いつか自分が作曲したピアノを披露してみたい」という密かな夢を抱いてきたが、寛子先生との出会いでついに実現。
恋の修羅場を何度も経験したジジは、「男も女もギャップや意外性に弱い」ことを痛感! では、そのギャップおよび意外性とは、いったいなんなのでしょうか?

「例えば、レストランやバーで女性が化粧室に行った隙に、店内のピアノの前に座っておもむろにピアノを弾くんだよ。その際、ビリー・ジョエルの『ピアノマン』とか『素顔のままで』だと、あまりにベタ過ぎちゃうのでダメ!

ショパンやバッハのようなクラシックの曲目から、誰もが知っている曲目をセレクトすること。こんなジジが突然、美しい旋律を弾いちゃうんだから、そりゃあビックリするよね。その驚きが恋の刺激になるってワケ」と編集長・岸田は、自身がピアノを始めた理由を明言しました。
大人になってからピアノを習うのは難しいと言われていますが、ちゃんとした先生について特別なメソッドで習うと、3カ月ほどでバッハが弾けるようになるそうです(個人レッスンがオススメ)。

たった3カ月間、真摯に練習に打ち込んだら、ピアノがあるお店を予約して成果を披露! あくまでもさり気なく、しかも1曲で終えるのがコツです。
吉川寛子先生
国立音楽大学 器楽学科 音楽学部 ピアノ科卒業。幼い頃から音楽と共に生き、大学卒業後都内ホテルに勤務秘書業務等を経て全国各地で演奏活動を再開。

又「ピアノが弾ける」を武器にすることに特化したレッスンが2歳から還暦を越えた様々な世代に好評。白金高輪ピアノ教室及びHIROKOPIANOSALON主宰。

【お問い合わせ】
HIROKOPIANOSCHOOLt.companypiano@gmail.com

http://tenerezza-company.wixsite.com/hiroko