完全会員制のプライベートクラブでくつろぎの時間を

LIFE STYLE - November 2017

完全会員制のプライベートクラブでくつろぎの時間を

六本木のお忍び社交場で ジジ遊びに大いに興じる



経験値の高いジジならば、男同士の親交を深める特別な場所を持つことが必要。
それを叶えるのがここ『ル・クラブ・ドゥ・トウキョウ』です。


京都・一杢の着物スーツを知り、貫禄出しと楽ちんな着心地の虜になった岸田編集長。東京に出張中の一杢の人見社長を誘い、とっておきの秘密の隠れ家にエスコートしました。

岸田 人見さん、東京にようこそ。GGでも着物スーツ話題ですよ。

人見 おおきに。東京には仕事で訪れることがほとんどなんですが、いつもバタバタしていてゆっくりできることが少なかったんですよ。

岸田 自宅とは別に、ゆったり落ち着ける秘密のプライベートルームを持つこと、これもジジの貫禄ですよね。ビジネスパートナーとの懇談や気のおけない仲間との楽しい時間、そしてひとりで物思いに耽りたい……、そんなときに私が足を運ぶのが、ここ『ル・クラブ・ドゥ・トウキョウ』なんですよ。

店内に足を踏み入れると、スワロフスキーの巨大なシャンデリアをセンターに、総石造りの階段が出迎えてくれます。階段を降りながら、これからのくつろぎの時間に胸が高鳴ります。

最初は壮大な空間に圧倒されますが、この余裕ある空間こそが癒しにつながるのです。

人見 なるほど、落ち着きますね。入り口には看板が出ていないし、パスコードを押して手の甲をかざさないと扉が開かないなんて、隠れ家感がいいですね。京都のお茶屋にも通じる、一見さんお断り的な特別感が漂っています。

岸田 そうなんです。ここの会員になるためには、メンバーの紹介を受けるか事前登録をして審査に通過する必要があるんです。だから品格や節度をわきまえた本物のジェントルマンしか入れない。小僧っ子がいないんで安心感も高いんですよ。

人見 シャンデリアや調度品、インテリアにもこだわり抜いてるのがよくわかります。様々な経験をしてきた我々でも、こんな優雅な空間なら気分が上がるし、いい時間を過ごせそうです。

クラブ内には総大理石のカウンターがあり、グラスを傾けながら会話を楽しむのに絶好の場所。手前には暖炉が設置され、暖かさと安らぎを感じられます。

岸田 おもてなし文化に浸ってきた京都人の人見さんにご満足いただけて良かったです。当然ここはクラブですから女性も気になるところ(笑)。ここのメンバーにふさわしい、選び抜かれた容姿と極めて優れたホスピタリティを持った女性しかいないので、安らぎと華やかさを感じさせてくれますよ。

人見 さすが、岸田さん。ジジ心を掴むの上手ですな。ビジネスを超えて、より一層親密になれた気がします。

岸田 ありがとうございます。これからもこんな大人の空間で時間を共有して、じっくりお付き合いしていきましょう。

入口脇の上層階にはワインセラーが配置。選りすぐりのワイン、シャンパンがストックされています。好みを伝えればソムリエがセレクトした、オススメのワインを提案してくれます。

クラブ内のセンターにはグランドピアノが鎮座しています。スタッフに声をかけ、了承を得て、ご自慢のピアノの腕を披露する岸田ジジ。これで、美しい女性達のハートを撃ち抜いちゃう!?


【問い合わせ】
ル・クラブ・ドゥ・トウキョウ
☎︎03-3497-1919
東京都港区六本木6-1-12
21 六本木ビル5F
営業時間:19:00 〜ラスト
休日:日・祝日

※入会金10 万円
HPからエントリー可能です。
入会には審査があります。


文/奥山泰広(POW-DER) 写真/八巻典千代