ジジのトレンド〇と× 釣って楽しい! 食べて美味しい!! 近海のルアーフィッシングにトライ

[ マル ]ルアーフィッシングはスポーツなのです!

プロアングラー 上屋敷 隆さん

プロアングラー 上屋敷 隆さん

国内外の海や淡水で、大物を狙うプロアングラー。豊富な知識と経験を生かしてルアーフィッシングギアメーカー、『マングローブスタジオ』を設立、その代表を務める。

一時の爆発的なブラックバス・ブームに代わり、ここ最近は海のルアーフィッシングが人気とか。

「都心から1時間くらいで港に到着、釣船に乗れば魚が豊富なポイントまで連れて行ってくれるという気軽さが人気の理由でしょう。それに、プラスチックや金属でできたキレイな疑似餌=ルアーを使用するので、生き餌が苦手な女性も楽しんでいます」と海のルアーフィッシングのパイオニア、上屋敷 隆さんは語ります。

 夏に最盛期を迎えたシイラは秋口まで釣れますし、その後はタチウオが真冬まで狙えます。その他、シーバス(スズキ)や鯛、サワラといった高級魚も!

「釣船によっては道具をレンタルできますし、糸の結び方やルアーの投げ方などを教えてくれます」と説明する上屋敷さん。

 大物を釣り上げたら、初めてのジジは大興奮! そして自分が釣った魚を持ち帰って食べれば(小物はリリース)、大満足しますよ。

近海の ルアーフィッシングが オススメの理由

【1】釣り場が近い
奥深い山の渓流や湖へ行くには、何時間もかかります。が、海は都心から1時間ほどと、アクセスが容易なのです。

【2】ルアーがお洒落!
ミミズやイソメなどのぐにゅぐにゅした餌ではなく、キラキラしたルアーで釣るため、ジジもジジカノもひと安心!?

【3】食べて美味しい
GG 編集部としては「キャッチ&イート」をオススメ。新鮮な海の魚を食べられるのは、アングラー(釣り人)の特権。

Try1 シイラ・カツオ

[釣り方]
夏の終わりから秋口まで! 狙うは10kgオーバー
シイラは夏頃にシーズンを迎え、秋口まで釣れます。木やプラスチックでできた小魚に似せたルアーを投げ、水面もしくは表層でシイラを誘います。よく釣れるのは60cm ほどですが、1m オーバーのシイラともなると強烈にファイトします。ルアーを投げるのに適したスピニングロッド(マングローブスタジオのBkh722S-M/TZ 6万8500円/税抜)とリールを使用します。
[ルアー] (写真左)
トビウオやイワシに似せたルアーが効果的
10~15cm くらいの小魚に似せたルアーを、船縁からキャスト。潮と潮がぶつかっている「潮目」や、流木や水草などが漂っているところが狙い目です。また、水面近くを水鳥が飛んでいるところ(ナブラと言います)も好釣り場です。写真はソルアズーラアトゥーラやダイビングMahi ペン1950円~(マングローブスタジオ)。

【釣船】 (写真右)
船で魚がたくさんいる沖へ!
海のルアーフィッシングは船に乗れば、「魚が釣れる所へ連れて行ってくれる」のです。また、船長や釣宿スタッフはルアーや釣り方に精通しており、道具をレンタルできる船宿もあるので初心者でも安心。仲間で船を1 艘貸し切れば、自分達のペースで釣ることができます。予約してから出かけましょう。
●庄三郎丸
神奈川県平塚市千石河岸57-37
0463-21-1012
http://www.shouzaburo.com
[釣果]
シイラは雄が美味しい!しかも大型ほど美味い!!
シイラの大物とのファイトを楽しんだ後は、写真を撮って、1匹は持ち帰って食べるといいでしょう。なにしろハワイではシイラは「マヒマヒ」といって、かなりの高級魚ですから。切り身をステーキやフライにすると絶品です。また、時にはご覧のような大きなキハダも釣れるので、ぜひ頑張ってください!

Try2 タチウオ

[釣り方]
シーズンは秋から冬! 東京湾で1m級を狙います
秋~冬はタチウオの出番です。水深80~100m くらいの海中に群れているタチウオを、キラキラ光る金属製のルアー(メタルジグ)で釣ります。ルアーを底まで沈めてからゆっくりと、あるいは小刻みにアクションをつけて巻いてタチウオを誘います。メタルジグを操作しやすいベイトロッド(マングローブスタジオのBA661CSB 5万4500円/税抜)と両軸リールが最適。
[ルアー](写真左)
金属製ルアーを沈めて使用。色は多数揃えた方が無難
タチウオは小魚やイカ、カニなど、何でも食べる獰猛な魚です。そうしたベイトフィッシュ(餌)に似せた金属製ルアー(80g 以上)を海中で動かして、タチウオを誘います。色はピンク、ブルー、グリーンの他、パープルや蛍光色などがオススメ。潮の色や魚の活性によって、使い分けます。写真はワイプアウトのショートタイプ1700円~(マングローブスタジオ)。

[釣果](写真右)
釣れるのは食べて美味しい魚ばかり!
大型のタチウオは肉厚で脂がのっているので、釣れたてはぜひ刺身で食べてください。翌日は塩焼きがいいでしょう。旨味たっぷりの白身は辛口の日本酒、もしくはキリッと冷えた白ワインによく合います。また、このメタルジグを使った釣りは鯛やサバ、サワラといった美味しい魚が季節ごとに狙えるので、1 年を通して楽しむことができるのも魅力です。

釣った魚はどうすればいい

釣った魚を食べる場合は船上で血抜きをして(船長に頼んでもOK。食べられる分だけにして残りはリリースしましょう)、クーラーボックスでしっかりと冷やして持ち帰りましょう。馴染みの鮮魚店や寿司店で捌いてもらうといいでしょう。
※船宿によっては捌いてくれる所もあります。

定期購読なら50%オフ!