ジジの生活向上メカトロニクス図鑑≪ボーズ「クワイアットコントロール30ワイヤレスヘッドフォン」≫

ノイズキャンセリングで安眠を守る

Bose QuietControl 30 wireless headphones

世の中くだらないノイズだらけ。そんなふうに感じる時は、音楽でも聴いて心を穏やかにしたいものです。
ノイズキャンセリング機能のあるヘッドフォンなら、その効果は抜群。
そして、実はジジ世代が悩みがちな、睡眠にも効果があるんです。
Bose QuietControl 30 wireless headphones

Bose QuietControl 30 wireless headphones

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を持つワイヤレスヘッドフォン。スマートフォンやパソコン、ポータブル音楽プレイヤーなど、Bluetooth を搭載した機器に対応。アクティブノイズキャンセリングにより騒音を確実に打ち消してくれます。
本体サイズ:165 × 152 × 19mm / 本体質量:65g / ケースサイズ:171 ×165 × 36mm / USB ケーブル:305mm /ワイヤレス通信距離:約10m /バッテリー充電時間:約3 時間/バッテリー持続時間:最長10 時間/価格:3 万4560円/ボーズ(ボーズ・オンラインストア)

最近、まわりの騒音が以前よりも気になるということはありませんか?
また、人の声が聞き取りづらくなったジジの皆さんも多いことでしょう。

聴力は加齢によって低下しますが、実は高音域、つまり高い音ほど聞こえづらくなる傾向があります。
逆に、道路を走る自動車の走行音やエアコンの送風ノイズといった低い音は、加齢による影響が少なく、相対的に大きく感じるそうです。
つまり、ジジ世代が以前よりも騒音が気になるのは当然なのであります!

そこでお勧めしたいアイテムが、ノイズキャンセリング機能を備えたヘッドフォンです。
ノイズキャンセリング、略してノイキャンは、周囲の騒音を消してくれる機能ですが、そのメリットはたくさんあります。
まずは、騒音が消えることで純粋に音楽がはっきりと聞こえる。

ちなみにボーズのヘッドフォンやスピーカーといえば低音の迫力に定評がありますが、その技術はノイキャンにも活かされ、騒音をがっちりカットしてくれます。

また、周囲のノイズがカットされますから、音楽の音量をそれほど上げなくてすみます。
だから、耳への負担も少なくなります。

で、音楽をかけず、ノイキャンだけ作動させれば、読書や仕事に集中できる環境が得られるのです。
つまり安眠に役立つのです。眠りが浅くなりがちなジジも、パートナーのいびきに邪魔されることなく熟睡できるかもしれません。
この点でも、ワイヤレスタイプであることがメリットとなります。

音楽を楽しむもよし、単に静けさを得るもよし、安眠のお供にもよし。
一石三鳥のノイキャンヘッドフォンで、耳元から若さを取り戻してみてはいかがでしょう。
ソフトな素材でできたネックバンド

ソフトな素材でできたネックバンド

人間工学に基づいた形状のネックバンドを採用。軽量かつソフトな素材でできており、首への負担が少ないのもポイントです。つけたまま枕に頭を沈めても、首が痛くなるようなことはほとんどないですが、気になるようなら逆向きに装着するのも良いでしょう。内部にはノイズキャンセリングの回路やバッテリーが内蔵されています。

6つのマイクで騒音をしっかり検知

6つのマイクで騒音をしっかり検知

ハウジング部の内側・外側に計6つのマイクを搭載し、騒音を効果的にカット。独特の形状の「StayHear+QC チップ」は耳に優しくフィットし、長時間の装着でも疲れにくくなっています。

ノイキャンの強度は段階的に調整可能

ノイキャンの強度は段階的に調整可能

ノイズキャンセリングの強度は、リモコン、もしくはスマートフォンアプリで段階的に変えられます。例えば空港や病院等のアナウンスを聞き逃したくない時など、状況に応じて調整しましょう。

ノイズキャンセリングの原理

ノイズキャンセリングの原理

マイクで検知した騒音の音波に対し、正反対(逆位相)の音波を発生させ、元の騒音を打ち消す、というのが基本的な原理。音に音を重ねて消すとはなかなか不思議です。このアイデアは、ボーズの創業者であるアマー・G. ボーズ博士が飛行機の中で思いつき、その後10 年をかけて製品化しました。現在は、騒音を軽減するカーオーディオにも応用されています。