《ちょい不良(ワル)温泉物語》静岡県・伊豆湯ヶ島温泉アルカナ イズ

伊豆半島の中心で、愛を叫ぶ 湯あがりのオイシイ逃避行

体にいいことって何? 
日々の節制もいいけれど時には現実から逃避して好きなように過ごす方が心が癒されて体にもいいんじゃない?
でも、極上の逃避行じゃないと、ご一緒いたしませんから。

river wing SUITE は75㎡。部屋のどこにいても大きな窓から対岸の緑が楽しめる解放感あるつくり。広いバルコニーに出ると、狩野川の流れが迫ってくるような絶景です。

たまには逃避行しませんか? 

今更、逃げも隠れもしないというジジのみなさまも、最近はちょっと体のことが気になったりして、いい子に過ごしている毎日に飽き飽きしているのではありませんか? 

そんな時には温泉で「逃避行湯治」はいかがかしら。心も解放、体も解放、そして胃袋も解放。今宵のジジはパワー全開。伊豆半島の真ん中で思いっきり叫んじゃってください。

「人生サイコー!」。「料理で旅するレストランに行ってみないか」。

これまでも美食宿として名を馳せてきましたが、新しいシェフが着任して料理が一新されたのです。美味しいものに目がない彼女の瞳がキラリと輝きます。

素晴らしい料理を楽しむのに美酒は欠かせませんから、帰りを気にせず楽しめるオーベルジュ温泉こそ賢いジジの選択です。

アルカナ イズは、全室がスイートルーム仕様で専用の温泉付き。
憂き世を忘れるその部屋には、心地いい音楽が流れるオーディオと、心も肌もしっとり潤う湯ヶ島温泉のお湯が、たっぷりとかけ流される露天風呂。

中でもriver wing SUITE ならワイルドな狩野川の渓流を見渡す幅10mのバルコニー付き。
この贅沢空間で温泉を楽しんだり、星を眺めてシガーを燻らすなんてこともできちゃいます。

前菜からドラマティックな伊豆の旅が始まる。

〝天城たまごの里〟の渡辺歌子さんが飼育するぷるんとした地鶏卵は牛蒡とトリュフで。

赤座海老はカリフラワーの泡と柚子のアクセント。

2人のテーブルセッティングの真ん中に、木の枝に差し込まれた〝招待状〞。

「これ、何かしら」「もうひとつの旅の始まりだよ」。

今宵の乾杯は、メゾン・アンリ・ジローのエスプリ・ナチュールなどいかがでしょうか。蜂蜜を想わせる芳醇な味わいと森の香りは、テーブルから眺めるアルカナの夜の森のようです。
すると目の前に〝森〞が運ばれてきました。

「何、これ。すてき」。

まさに森のオブジェのような前菜は〝伊豆の恵みのタパス〞。
糸井シェフが案内する料理の旅です。アルカナの敷地内にある樹木の枝を使って、糸井シェフが創作したオブジェに、森の住人に見立てた料理が潜んでいます。

「カードの中にヒントが書いてあるよ」。

描かれた伊豆半島の地図の中心はアルカナ、そして今夜出会える食材のイラスト。

「見つけた! これは、あまごの燻製と黄金いくらですって」。

枝の一部かと思うミニシガーのようなタパス、清流に育つあまごの身とプチプチの卵。
海からは冬に美味しさを増すサバフグのカダイフ揚げ、黒米と水だこのクロケット、天城軍鶏のレバーペーストは日本酒にも合いそうな濃厚な味わい、うなぎの白焼きを天城のわさびで。

彼女のボルテージも一気にあがって、伊豆半島の豊かな食の旅にすっかり夢中です。
ワインやお酒もバイザグラスで楽しめますから、セレクトもソムリエに委ねて、伊豆の恵みの旅に身を任せてくださいませ。

糸井 佑磨(いといゆうま) シェフはフランス時代に国家最優秀職人章を持つファビアン・ルフェーブル氏のもとで副料理長として活躍後、アルカナイズ料理長に着任。チョウザメの自家製キャビアをのせた金目鯛は繊細な味わい。3 種類から選べるメインディッシュでは、ぜひ、伊豆鹿の情熱的な赤い一皿を味わって。

ライブキッチンでフレンチをいただくスタイルはこの宿から始まりました。やっぱり旅の食事はワクワクが重要。
料理人たちが目の前で次々と仕上げていく楽しさは10年の時を経ても、いまだに最先端。「新しい人生の新しいスタート」この日、フランス語で書かれた糸井シェフのメニュー。

料理の旅は、時に繊細で、時に情熱的。どれだけ月日を重ねても、同じ日は二度とないことを物語ります。
メインディッシュは伊豆のジビエ〝伊豆鹿〟をぜひ。絶妙に火入れした伊豆鹿の赤身肉は柔らかくて旨みたっぷり。

ビーツと赤キャベツをあしらった情熱的な赤の一皿に、彼女のハートに真っ赤な火がともるかも。

大きなクスノキが印象的なアルカナの森を眺めるフレンチダイニングのカウンター。半個室もあるが、料理人の様子を眺められるこの席が断然楽しい。お隣との程よい距離感もいい感じ。

チェックアウトは13 時なので22 時間ステイが可能。朝食は部屋に運んでもらうこともできるけれど、レストランに出かけると、シェフのこだわり卵料理が20 通りから選べて目の前で調理してくれる。部屋は4 タイプあり総てスイート仕様。エントランスの車寄せでスタッフが迎えてくれるバレットパーキングスタイル。

取材・文・写真/かりのすみか 写真協力/アルカナ イズ
静岡県・伊豆湯ヶ島温泉 アルカナ イズ
〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島1662
☎0558-85-2700
料金:1泊2食付き2名利用時お1人様(税別・サ込)
4万5833円~
アクセス:電車/三島駅より車で約50分。または三
島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅下車、修善寺駅よ
り車で約20分。車/東名高速沼津ICから、駿河湾環
状道路で修善寺まで約30分。修善寺より約20分。
総客室数16(各室専用露天風呂付)
チェックイン/アウト/15:00~/~13:00
http://www.arcanaresorts.com/