時計の新基軸「歯車文字盤」Vol.5 フランク ミュラー ヴァンガード™グラビティ スケルトン

まず問いたい。貴兄は歯車がお好きでしょうか。ま、ジジ世代の多くはクルマがないと勝負にならない時代を生きてきたので、嫌いな人を探す方が難しいでしょう。

ムーブメントが丸見えになってしまうのを逆手にとって、メカ好きジジの心を鷲掴みにするモデルたち。

GGでは便宜上、ムーブメントの地板までくり抜かれていてケース裏まで透過しているものをスケルトン、一方、地板はそのままでムーブメント表面が見えているものを新基軸の「歯車文字盤」と呼ぶことにしています。

今回は、その中からスケルトン時計をご紹介!
フランク ミュラー ヴァンガード™グラビティ スケルトン

フランク ミュラー ヴァンガード™グラビティ スケルトン

775万円/フランクミュラーウォッチランド東京

独創的な機構を次々と創造しながら、そのメカニズムや機構の実態をなかなか明かさないフランクミュラーも、スケルトンモデルとなると話は別。しかもキャリッジとテンプの軸がオフセットされており、ドラマチックに衛星軌道を描いて回転するんです。

Ref.V45TGRAVITYCSSQT 手巻き、オフセット・トゥールビヨン、パワーリザーブ約5日間、PVDチタンケース、ケースサイズ53.7×44.0mm、サファイヤケースバック、日常生活防水、クロコダイル×ラバーストラップ。
写真/宇田川 淳
編集協力/奥山泰広(POW-DER)

【問い合わせ】
フランク ミュラー ウォッチランド東京
03-3549-1949