巻かずに死ねるか!ジジには「金時計」がよく似合う

押し出しの強い見た目や圧倒的な存在感を放つ金時計。 これを嫌味なくサラッとつけられるのは、酸いも甘いも嚙み分けたジジでしかできないコト。 ゴールドボディに個性を詰め込んだ注目の4本、とくとご覧あれ!

金時計といえばジジ、ジジといえば金時計と言われるほどに、まるで付き物のように語られる金時計。
確かにキンキラキンの存在が自分の腕の上にあるって、かなり濃い状況であります。

その気配に負けない存在感を醸し出せるのは、やはりジジならでは。世の浮き沈みを眺め、諸行無常を知る深い人生観こそが、求められることでしょう。

 そんなジジの腕にあるべき金時計とは何かと考えたとき、そこにはハッキリとしたワザか個性が必要です。ただ金であるというだけでは深みが足りない。金は残さず遣うけれどもダダ漏れではない。

必要なのはリッチさ+クレバーさ。そんな視点から選んだ4本は、新機構、伝統のワザ、革新的な機械デザイン、そして驚愕のカジュアル金時計と、それぞれの個性が迸る逸品揃い。
なんなら全部ご購入いただいても楽しめるラインアップ。ジジは余裕でつけこなすべし。

単なるお上品3針ではない、一味違う貫禄時計

JAEGER-LECOULTRE ジャガー・ルクルト ジオフィジック・トゥルー・セコンド

機械式自動巻きムーブメントでありながら、クォーツ時計のように一瞬静止するステップ式秒針を備える複雑時計。
シンプル顔なのに、時計マニアにひと泡ふかせる小技の効いてるところが、ジジの貫禄増しに大いに貢献してくれます。普通のようで普通じゃない。

Ref.8012520 自動巻き、パワーリザーブ40 時間、18KPG ケース& ベゼル、ケースサイズ39.6mm、シルバー文字盤、5気圧防水、レザーストラップ、190万円/ジャガー・ルクルト

伝統工芸のワザを 次世代に 遺す一本

PATEK PHILIPPE パテック フィリップ 5180/1

超絶技巧で知られる名門ブランドのもうひとつの顔、伝統的な職人の芸術的な手仕事の素晴らしさをたっぷり味わえる超レアピースがこちら。
極薄のCal.240 のパーツをくり抜き、彫金装飾を施した高度な芸術性をもつスケルトン・ムーブメントを眺めるだけでも時計好きには代え難い喜びであります。

Ref.5180/1 自動巻き、RG ケース& ブレス、ケースサイズ39mm、30m 防水、サファイヤクリスタルバック、1075万円/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター

時計に見えない!? 精巧なる ムーブメント

CORUM コルム ゴールデンブリッジ

ジジたるものフツーのアイテムでは物足りない、という尖った御仁にオススメしたいのはコルムのゴールデンブリッジ。
わずか数ミリ幅の地金の上に直列に並ぶ輪列で構成されたムーブは、まるでペンダントヘッドのよう。

Ref.B113 /01043 手巻き、パワーリザーブ40 時間、18KRG ケース、ケースサイドとケースバックにサファイヤクリスタルを使用、ケースサイズ34 × 51mm、30m 防水、クロコダイルレザー、450万円/ GM インターナショナル

さりげなくつける それが金時計 遣いのワザ

ショパールといえば女子垂涎のジュエラー。その一方で時計好きにとっても自社ムーブを始めとした高い技術力と美しい時計づくりで知られるブランド。
そのラインナップに金時計ながら手の届きやすい価格& ジジにジャストな小ぶりサイズのモデルを発見。普段遣いにサラリと着こなす金時計として常備したい。

Ref.163154-0201 手巻き、18KYG ケース、ケースサイズ36mm、アリゲーターストラップ、65 万円/ショパール ジャパン プレス
ジャケット27万円/イザイア(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン)ニット6万2000円/クルチアーニ(ストラスブルゴ