時計の新基軸「歯車文字盤」Vol.2 ロトンド ドゥ カルティエ ミニッツ リピーター ミステリアス ダブル トゥールビヨン

まず問いたい。貴兄は歯車がお好きでしょうか。ま、ジジ世代の多くはクルマがないと勝負にならない時代を生きてきたので、嫌いな人を探す方が難しいでしょう。

ムーブメントが丸見えになってしまうのを逆手にとって、メカ好きジジの心を鷲掴みにするモデルたち。

GGでは便宜上、ムーブメントの地板までくり抜かれていてケース裏まで透過しているものをスケルトン、一方、地板はそのままでムーブメント表面が見えているものを新基軸の「歯車文字盤」と呼ぶことにしています。

そして今回は、スケルトン時計をご紹介!
ロトンド ドゥ カルティエ ミニッツ リピーター ミステリアス ダブル トゥールビヨン

ロトンド ドゥ カルティエ ミニッツ リピーター ミステリアス ダブル トゥールビヨン

予価5200万円/カルティエカスタマーサービスセンター

カルティエのアイコンともいうべき、5分で1回転するミステリー機構(機械部分が宙に浮かんで見える)と、1分間で1回転するダブル トゥールビヨンを組み合わせ、さらにミニッツリピーターまでも搭載した超絶技巧コンプリケーション・モデル。

ミニッツリピーターのゴングまでが丸見えの天下無敵の歯車ぶりは、お見事の一言です。Ref.143.050、自社製ムーブメント キャリバー9407MC搭載、手巻き、ミニッツリピーター、ミステリアスダブルトゥールビヨン、パワーリザーブ約3.5日間、チタンケース、サファイヤケースバック、ケースサイズ45mm、サファイアカボションとパール状の飾り付きリューズ、“ゴーマ”加工ブラックアリゲーターストラップ、世界限定50本、発売時期未定。
写真/宇田川 淳
編集協力/奥山泰広(POW-DER)

【問い合わせ】
カルティエカスタマーサービスセンター
0120-301-757