サファイアケースとスケスケフェイスにジジもうっとり♡

センチュリーエレガンススケルトン

ジジうっとりのファセットは、光の当たり方で表情が変わります。自動巻き、ケース径38.5mm、SS+48ファセットセンチュリーサファイアケース、55万円/センチュリー(センチュリー銀座ブティック)

 これから残りの人生で頻繁に腕にはめる相棒は、あと何本あるのだろうか?

 そんなことをふと考えると、ジジの楽しいはずの時計選びも大変です。とはいえ、御仁にとって時計は、少なからず見て心躍らせるもの。

 であれば、スケルトンモデルに的を絞るのはいかがでしょう?

 実はジジがゆっくり眺めて高揚感が得られる名機が発売されたのです。

 かつて〝腕にまとう宝石〞と迄言われ、多くの女性に愛されてきた「センチュリー」の腕時計。どちらかというと女性の宝飾時計のイメージの強い同ブランドではありますが、中でもラウンドケースの〝エレガンス〞は、時計好きジジも一目置く品格を備えた紳士向けモデルです。

 その〝エレガンス〞に、満を持してスケルトン仕様がお目見えしたのですよ。

 このモデルは、「センチュリー」ならではのハンドカッティングを施した、48のファセットを持つサファイアケースを備えています。美しいケースとムーブメントの機能美を堪能できるスケルトンとのコンビは、まさに唯一無二。ジジがリラックスタイムに眺めるのにお誂え向きではありませんか?

 こんなに見てうっとりできるスケルトンには、そうは出合えません。

1966年にスイスのビエンヌで設立された「センチュリー」。宝飾技術に定評があり、精緻なファセットは見る者を魅了します。スケルトンモデルなら、ムーブメントの構造も併わせて堪能できますよ。


文/長谷川茂雄

【問い合わせ】
センチュリータイムジェムズジャパン
☎03-6278-8975


定期購読なら50%オフ!